株式会社アサカ

トップ製品一覧アンシラリ関連装置>DU-182M

 放送局間制御信号インサータ/デコーダ
 DU-182M
 放送局間制御信号を重畳(インサータ)
 または検出(デコーダ)

概要

ARIB STD-B39で規定されている放送局間制御信号を、外部からの接点制御に従って重畳、もしくは、
検出する装置です。

特長

動作モード

インサータ/デコーダの動作モードは、 内部スイッチにより切換可能です。

機能

重畳/検出できる制御データは3種類。
・画角モード( カレント映像モード)
・音声モード( カレント音声モード)
・トリガ信号Q1

インサータ概要

ARIB STD-B39で規定されている放送局間制御信号を、外部からの接点制御に従って重畳します。
接点制御には以下の2つのモードがあり、それぞれ被制御シーケンスが異なります。
これらの制御モードは、外部接点により切り換えることができます。
 ・APC制御モード
 ・リモコンボックス制御モード
前面パネルのマニュアル制御スイッチにより、外部からの接点制御を無効として、重畳する制御データを選択することができます。前面パネルには、以下のステータス表示機能があります。
 ・入力信号に重畳されている制御データ
 ・APCからの重畳制御ステータス
 ・本装置が重畳している制御データ(マニュアル制御スイッチと共用)
 ・入力SDI信号の状態

デコーダ概要

ARIB STD-B39で規定されている放送局間制御信号を検出し、インサータ側の仕様に対応して表示・接点出力を行います。
接点出力の内容は、インサータに準じています。
デコーダ動作時は、前面パネルは一切操作することはできません。すべての表示は、検出した放送局間制御信号のステータスを表示します。

誤り訂正符号(ECC)

入力信号の放送局間制御信号に、誤り訂正符号が重畳されている場合、6ワード誤り検出/3ワード誤り訂正を行うことができます。

チェックサム(CS)

“誤り訂正符号=なし”のデータパケットが入力された場合、BTA S-005Bで規定されるチェックサムによりエラーを検出します。

アンシラリデータの保護

放送局間制御信号以外のアンシラリデータは、すべて保護されます。

前面

仕様

信号規格 映像 HD SMPTE292M準拠 1080i/59.94Hz HD-SDI
映像 SD SMPTE259M準拠 525i/59.94Hz SD-SDI
信号入力 1系統 BNCコネクタ アクティブループスルー付
信号出力 1系統2分配 BNCコネクタ バイパス機能付
制御信号入出力 パラレル制御 1系統 アンフェノール50pin 
アラーム接点出力 1系統アンフェノール14pin
遅延量 HD-SDI 約12us(約1/2H)
SD-SDI 約34us(約1/2H)
コマンド遅延 1フレーム以内 外部接点制御入力からインサータ出力を切り替えまで)
表示遅延 10ms以内 (重畳信号変化から、表示切り替えまで)
使用条件 連続使用
設置環境 屋内
動作環境 周囲温度:5℃〜40℃
外形寸法(mm) 430(W)×321(D)×44(H) 突起物は含まず
重量 約5.5kg
電源電圧 AC100V±10%、50/60Hz
冗長電源 2重化構成 AC入力コンセント 2口
消費電力 30VA 以下

背面


導入事例 DU-182

*デザイン・仕様は予告なく変更することがあります。記載の名称は各メーカーの商標または登録商標です。


株式会社アサカ|サイトマップ