株式会社アサカ

トップ製 品一覧>4KマルチフォーマットコンバータVC4000

 4Kマルチフォーマットコンバータ
 VC4000
 4Kマルチフォーマットコンバータ
 4K変換時のHDサイマル出力が可能

概要

異なるフレームレートへの4K、HDTVテレビ方式変換において、動きの速い映像でも動きベクトルを用いた高精度の動き補償技術により動画 解像度の劣化やジャーキネスの発生を最小限に抑えることができるテレビ方式変換装置です。 クロス・アップ・ダウンコンバート、4K/HDサイマル出力に対応しています。

特長

■動きベクトルを用いた高精度な動き補償技術により、フレームレート変換における動画解像度の劣化や
 ジャーキネスの発生を最小限に抑制
■低遅延のリアルタイム変換
■4Kは12G-SDI (TypeT)、3G-Quad (Square/2SI、Level-A/B)対応
■4K⇒4K、4K⇒HD、HD⇒4K、HD⇒HD、SD⇒HDのフレームレート変換
■4K⇒4K変換モード時は、4K出力とダウンコンしたHDをサイマル出力可能
■4K⇒HD、HD⇒4K、HD⇒HD、SD⇒HD変換は独立2系統の異種方式変換が可能
■4K構造変換 (12G-SDI⇔3G-Quad、Square⇔2SI、Level-A⇔B)対応
■HDR⇔SDR変換機能
■Rec. ITU-R BT.709⇔BT.2020 カラースペース変換機能
■エンベデッドオーディオ 48kHz、24bit、16チャンネル対応
■音声チャンネルマッピング機能
■Webリモート操作
■2重化電源

テレビ方式変換対応表

  

フレームレート変換例

主な仕様

映像入出力
TV方式 3840×2160p 59.94Hz:12G-SDIまたは3G-Quad
3840×2160p 50Hz:12G-SDIまたは3G-Quad
1920×1080i 59.94Hz:HD-SDI
1920×1080i 50Hz:HD-SDI
1280×720p 59.94Hz:HD-SDI(入力のみ)
1280×720p 50Hz:HD-SDI(入力のみ)
720×576i 50Hz:SD-SDI(入力のみ)
SDI形式 12G-SDI:TypeT、4:2:2 10bit
3G-Quad:Square/2SI、Level-A/Level-B、4:2:2 10bit
HD-SDI:4:2:2 10bit
SD-SDI:4:2:2 10bit
動作モード 4K to 4K:4K⇒4K変換時に使用するモード
2 Conversion:4K⇒HD、HD⇒4K、HD⇒HD、SD⇒HD変換時に使用するモード
       LINE1とLINE2で独立した2系統の異種方式変換が可能
映像入力 4K to 4K:LINE1 1系統 75Ω
2 Conversion :LINE1 1系統 75Ω
        LINE2 1系統 75Ω

映像出力

4K to 4K:LINE1-OUT1 4K固定 1系統 75Ω 12G-SDIは4分配出力
     LINE1-OUT2 4K/HD選択 1系統 75Ω 12G-SDI/HD-SDIは4分配出力
2 Conversion:LINE1 1系統 75Ω 12G-SDI/HD-SDIは4分配出力
       LINE2 1系統 75Ω 12G-SDI/HD-SDIは4分配出力
音声入出力
エンベデッド音声 48kHz(映像同期)24bit 16ch
音声機能 チャンネルマッピング、ディレー調整(0〜350msec)
リファレンス入力
同期入力 BNC 2系統 75Ω (LINE1/LINE2で個別選択が可能)
信号規格 ブラックバースト(BB)、または3値SYNC 自動認識
ブラックバースト入力 525:286mVp-p±6dB以内
625:300mVp-p±6dB以内
3値SYNC入力 ±300mVp-p±6dB以内
その他
4Kデータ構造変換 12G-SDI⇔3G-Quad変換、SQD⇔2SI変換、Level-A⇔Level-B変換
HDR変換 HDR⇔SDR変換
カラースペース変換 Rec. ITU-R BT.709⇔BT.2020変換
タイムコード ATC-LTC、ATC-VITC(SMPTE ST 12M)
LAN (Web/SNMP) RJ-45 10/100 BASE-T 1系統
一般仕様
外形寸法 426(W)×132(H)×540(D) mm ラックマウント金具、突起部含まず
電源 AC100V〜240V 50Hz/60Hz

*デザイン・仕様は予告なく変更することがあります。記載の名称は各メーカーの商標または登録商標で す。


株式会社アサカ|サイトマップ