株式会社アサカ

トップ製品一覧VAFサーバー>AVR-800

 VAFサーバー
 AVR-800
 VAFに求められる機能をコンパクトに集約
 高い冗長性で分散型運用に対応

概要

AVR-800ファイルベース運用に対応したVAFサーバーです。 動画、静止画のFill/Key信号、音声を運用方法に合わせてシステム構築することができます。
上位APC/APSからのシリアル/パラレル送出制御を可能とし、LANによるスタンバイ状態の確認およびサムネイル、プロキシ映像を利用することができます。 本体には、SSD(Solid State Drive)を2台ミラー構成で搭載しており、1台のSSDが故障しても運用を継続することができます。本体に動画を2時間、音声5時間、静止画10,000枚を保存することができます。 オプションで動画4時間記録にも対応しています。
ベースバンド収録(HD-SDI入力)が可能なモジュールと、再生専用のモジュールとがあり、その組み合わせで、4種のモデルがあります。
必要な系統数に応じてユニット選択ができるため、柔軟にVAFシステムの構築が行えます。
電源、FANが二重化されており、十分な冗長性が確保されています。

モデル

AVR-800

型名 機能 スロット1 スロット2
AVR-800-10 1系統再生専用 PB
AVR-800-11 2系統再生専用 PB PB
AVR-800-20 1系統記録・プレビュ REC/PB
AVR-800-21 1系統再生・1系統記録・プレビュ REC/PB PB

PB:再生専用モジュール(Play Back)
REC/PB:記録と再生切り替えモジュール

特長

SSD記録

記録媒体にSSDを用いています。2台のSSDでRAID1(ミラーリング)を構成しています。
標準構成で、動画2時間、音声5時間、静止画10,000枚が記録できます。*1*2*3
*1:FILL+KEY 180Mbpsレート時
*2:動画、音声、静止画のエリアは独立しています
*3:動画の記録時間はオプションで4時間にも対応できます

JPEG2000コーデック

JPEG2000コーデックを採用しており、高画質です。

映像、音声のアドレス制御送出

映像および音声素材を、シリアルまたはLANによるアドレス制御で送出が行えます。

再生レベル変更機能

映像・音声の再生レベルが変更できます。 素材の属性として記録されるため、素材ごとの変更が可能です。

モニタ出力とNEXT出力

主に動画再生を確認するMONITOR出力と、シーケンシャル送出時のNEXT出力とが独立しています。MONITOR出力はDSK機能*も備えており、Key付素材のプレビューに使用できます。素材名やタイマなどのクレジット表示も可能です。
*DSK機能はREC/PB側の出力でのみ機能します。

 ▲Monitor OUT表示例1(再生時)          ▲Monitor OUT表示例2(DSK表示例)

プロキシ映像プレビュー

PC上でのプロキシ映像プレビューに対応。動画やロール素材をPC画面上で再生して確認することができます。Key付素材ではDSKイメージでの確認ができます。背景は任意の静止画または固定色(5色)を選択することが可能です。

プロキシ映像のフォーマット
ファイルフォーマット : Windows Media File(拡張子:WMV)
画角サイズ:640×360(実画像の1/3 サイズ)
フレームレート:30 fps
ビットレート:2Mbps(ビデオ)、192Kbps(オーディオ)
音声:2ch

主な機能

シリアル再生制御方式

映像と音声素材、それぞれに16桁の素材コード(アドレス)を割り付けることができます。
シリアルコマンドからは、16桁の素材コードを指定することによりスタンバイ制御を行います。
同様の操作をTCP/IPソケット通信を用いて行うこともできます。※コマンド構造は独自
TCP/IPソケット通信を用いる場合は、弊社の制御ライブラリを用いることで、容易にシステムを構築をすることができます。

IN点、OUT点の指定

動画素材の、IN点、OUT点を指定することができます。 指定のない場合は、素材の先頭がIN点、終わりがOUT点になります。 スタンバイ時はIN点の画像が出力されます。

連続再生機能

イベント順に、動画を連続再生させることができます。
最小イベント長は2秒です。 再生中に、次の再生イベントを変更することができます。

Fill-Key再生タイミング調整

FillとKeyのフレーム位相を−90〜+89フレームの範囲内で、イベント毎に設定可能です。

特殊再生

フレーム単位のコマ送り・コマ戻しが可能です。
特殊再生時には音声は再生されません。

静止画の切替え効果

静止画の切替え効果が選択できます。
CUT、FADE、WIPE、PUSH、SLIDE IN、SLIDE OUT(切替え時間、方向も設定可能)
動画・ロール再生への切り替え効果は、CUTのみです。

クレジットフレーム映像の指定

任意のフレームをクレジットフレームとして登録できます。クレジットフレームは動画の内容を示すサムネイルやNEXT用画像として利用できます。

ループ再生

IN点、OUT点で、動画(音声付)をループ再生できます。一時停止することなく、フレーム精度でループします。

ロール再生

静止画素材を使用した、ロール(横、縦)再生を行えます。ロール再生スピードの設定も行えます。

音声レベル変更機能

出力音声レベルは素材単位で -∞、-40dB〜+12dB、0.5dB単位で変更可能です。
相対レベル変更ですので、0dBで変更なしとなります。

データ転送収録

Gigabit Ethernet経由で、映像データ、音声データを収録することができます。
システムにファイル画像変換用トランスコーダを設けることで取込速度を高速化することも可能です。

ベースバンド(HD-SDI)収録

ベースバンドによる収録はAVR-800(-20-21)モデルで可能です。
Fill/Keyの順次収録または同時記録の選択ができます。 収録時タイムコード検知収録機能を使うことにより、Fill/Keyをフレーム精度で自動収録します。収録後のFill/Keyの位相合わせを行う必要があないため、テープ搬入素材での収録作業の効率化が図れます。

音声収録

Fill信号のEmbedded Audioを8ch収録することができます。AES3idからは、2ch収録が可能です。

システム設定

専用ツールにより、設定・確認を行うことができます。項目は以下の通りです。
・IPアドレス設定
・同期結合位相調整
・アラーム出力設定
・温度確認 ・LOG日時設定
・バージョン確認
各種設定値は不揮発メモリに保存されており、電池交換などで消失はしません。

ログ機能

制御ログ、内部ステイタスログを内蔵のCFカードに日単位で記録します。 通常1ヶ月分のログを記録でき、外部からLAN経由でログデータを取り出すことができます。

時計校正機能

SNTPにより内蔵時計を校正することができます。

本体内蔵ドライブおよび電源交換

内蔵SSDユニットおよび電源ユニット、ファンユニットは、前面パネル内の前面部から交換可能です。

リモート・メインテナンス

主基板のファーム・ソフトウエアと、主なFPGAのハードウエア・プログラムをLAN経由で、バージョンアップすることが可能です。 また、リモート・メインテナンスに対応していない部分のプログラムのバージョンアップも前面パネル内の前面から、基板をとりはずすことなく行えます。(一部 不可)
* バージョンアップ後は、電源の再投入が必要です。

システムイメージ例

登録端末画面例/送出監視画面例

    

▲素材管理画面例                   ▲素材PV画面例

    

▲送出監視画面例                   ▲アラーム監視画面例

仕様

AVR-800 VAFサーバー (ユニット組み合わせは4モデル)
ユニット名 PB(再生用) REC/PB (記録と再生は切替)
信号規格   映像 HD-SDI SMPTE292M準拠
音声 HD-SDI Embedded Audio SMPTE299M準拠
AES3id準拠 (48kHz、24bit、8ch、映像と同期)
信号入力 FILL/KEY IN 1系統
KEY IN 1系統
AUDIO IN 1系統
サンプルレートコンバータ、ディエンファシスフィルタ内蔵
信号出力 LINE FILL OUT 1系統 2分配 (Embedded Audio) 1系統 2分配 (Embedded Audio)
LINE KEY OUT 1系統 2分配 1系統 2分配
NEXT OUT 1系統 2分配(モニタ用)* 1系統 2分配(モニタ用)*
MONITOR OUT 1系統 2分配 (Embedded Audio)
(キャラクタ/TC表示)
FILL映像
1系統 2分配 (Embedded Audio)
(キャラクタ/TC表示)
FILL/KEY/DSK映像切替可能
AUDIO OUT
(AES3id)
1系統 2分配 (2ch) 1系統 2分配 (2ch)
同期信号 信号規格 NTSCブラックバースト(B.B)または3値SYNC 自動認識
同期信号入力 1系統 BNCコネクタ 75Ω終端
位相調整範囲 縦(V):±562ライン    ※すべての映像信号を同時に調整します
横(H):±4000 サンプル ※出力系統ごとに、個別に設定できます
制御信号入出力  シリアル制御 2系統 D-Sub9ピン 制御ポート RS-422準拠
パラレル制御 2系統 D-Sub37ピン パラレル制御入力/タリー出力ポート
LAN
(1000Base-T) 
2系統 映像・音声データ・制御用
1系統 ログ/SNMPエージェント/SNTPクライアント/メンテナンス用
GPI 1系統 D-Sub 9ピン
ALARM 1系統 D-Sub 15ピン
制御遅延量 スタート制御を受けてからの再生までの遅延量は固定3.5フレーム
使用条件 連続使用
設置環境 屋内
動作環境 5℃〜40℃ 温度勾配 15℃/時間
周囲湿度 20%〜90%(R.H)結露無き事
外形寸法(mm) 430(W)×420(D)×86.5(H)
EIA ラックマウント、高さ2U  ラックマウント金具、突起物を含まず
重量 約16kg
電源電圧 AC100〜240V 50/60Hz 2重化電源
消費電力 150VA以下

* NEXT出力はHDサイズの1/4とした映像データを拡大出力します。本線出力として使用することはお控えください。

ファイル仕様

圧縮方式  映像 JPEG2000(非可逆圧縮)
最大180Mbps(FILL+KEY)
FILL信号 4:2:2 10bit
KEY信号 4:0:0 10bit 
音声 非圧縮 量子化:24bit、サンプリング周波数:48kHz
記録媒体 SSD 2台をRAID1(ミラーリング)構成で搭載
■ 記録容量
  記録時間 管理ファイル数       備考
動画 2時間(4時間)* 10,000イベント FILL+KEY
音声 5時間 10,000イベント 8chモノラル
静止画 10000枚 10,000イベント FILL+KEY
システム画像 10枚 静止画
クレジット画像 20,000枚 静止画10,000枚、動画10,000枚
送出リスト数 1000リスト  
■ 1素材長
動画・音声素材長 最小 2秒
最大 30分

* 動画、音声、静止画の記録領域は独立しています。
* ロール素材は静止画領域を使用します。
* 動画4時間はオプション対応です。
* 記録時間は映像信号を180Mbps(FILL+KEY)で記録した場合です。
* クレジット画像は、縦横1/4に間引いた画像で、NEXT出力などに使用されます。

システムアプリケーション

システムアプリケーションについては、弊社営業部までお問い合わせください。
VAFシステム構築に必要なソフトウエアライブラリがございます。

ライブラリの種類 概要
AVR制御ライブラリ AVRの収録、ファイル登録、再生制御(LAN)、AVRの状態確認(記録容量、スタンバイ状況、監視機能実現)などを行う為の基本ライブラリです。
画像変換ライブラリ TARGA,PNG,TIFF,JPEG等汎用連番ファイルから、JPEG2000(AVR仕様)への変換、またはその逆を行うライブラリです。
音声変換ライブラリ WAV、BWF-J、AIFF等の汎用音声ファイルを、AVR用の音声データに変換するライブラリです。
AfterEffects連携機能 MXF、QucickTimeなどのファイルを登録
VTR制御ライブラリ CUE UP、PLAY、STOP、REW
保守ツール(標準添付アプリ) 位相調整、ログ取得、状態確認、セルフテスト機能

背面

  ▲AVR-800B-21

*デザイン・仕様は予告なく変更することがあります。記載の名称は各メーカーの商標または登録商標です。


株式会社アサカ|サイトマップ