株式会社アサカ

トップ製品一覧制作機器>ASW-310

 ビデオプロセッサ
 ASW-310
 L字レイアウトからPinPまで対応。
 音声ミックスも可能

概要

ASW-310はSDI映像信号を高品位に縮小することができるDVE機能を持つレイアウト装置です。
L字放送用レイアウトをはじめ、ピクチャーインピクチャ機能、音声ミックス機能などを使用して、多様な映像レイアウトに対応できます。
・LINE入出力信号は、HDTVおよびSDTVに対応しています。
・2重化電源に対応した、高さ1Uのラックサイズ筐体です。
・外部制御インターフェイスは、弊社製品(ALL-100/200/80/300シリーズ)と互換性があります。*1
*1 プリセット選択、オペレーションON/OFF、スーパーON/OFFについて互換性があります。

特長

LINE映像信号の縮小/トリミング

LINE入力映像の縦横比固定のまま寸法比100%〜25%までの縮小を行うことができます。また、上下左右の各辺ごとに、トリミングを行うことができ、縮小機能と組み合わせることも可能です。
LINE入力映像を、出力画面の右上・左下・中央など任意の位置に貼り付けることができます。
LINE映像信号は、10bitのデジタル信号処理を行っており、高品位な加工を行います。

バックグラウンド画像の構成

LINE入力の縮小/トリミング時に生じる“映像の隙間”には、BG IN映像入力=動画像とUSBメモリーに保存された映像=静止画像(MEM)を組み合わせて、バックグラウンド画像を構成することができます。
各バックグラウンド映像は、上下左右の各辺ごとにトリミングすることができます。
BG映像入力は、信号が入力されていない場合、「クロミ」信号に置き換えられます。また、設定により、入力信号が切れる直前の映像信号を保持して置くことも可能です。

DSK機能

FILL信号とKEY信号によるDSK機能を搭載しています。
KEY信号が入力されない場合、Self-KEY信号発生回路によるDSK処理が可能です。
Self-KEY信号発生回路は、スライスレベルを調整することができます。
DSKのON/OFF制御は、「PRESET 1〜10」に連動して設定できるだけでなく、外部制御することも可能です。

音声信号のミックス

LINE入力のエンベデッド音声信号に、音声入力信号またはUSBメモリーに保存された音声データをミキシングすることができます。
ミキシングする音声ソースやミキシングレベルは、「PRESET1〜10」に連動して設定することが可能です。
外部音声入力はAES-3id×2系統です。

設定パターンの呼び出し/保存

「PRESET 1〜10」までのスイッチ/制御ごとに、レイアウト加工時の縮小率、貼り付け位置、バックグラウンド映像、PinP映像、音声ミックスなどの設定を登録し呼び出すことができます。
「OPERATE」スイッチ/制御により、無加工状態からレイアウト加工映像に切り替わります。この時の、「切り替わりスピード」を設定することができます。
レイアウト加工映像から無加工状態に戻る場合は、設定された「切り替わりスピード」または「カット」を選択することができます。

アンシラリーデータの保護

無加工またはレイアウト加工時のどちらにおいても、LINE入力信号に多重されている字幕データなどのアンシラリーデータは、保護されます。
LINE入力信号のアンシラリーデータは、多重された状態まま保護・出力されるため、特殊な仕様のアンシラリーデータであっても、破壊されることはありません。

GENLOCK機能

外部同期信号は、NTSC BB信号およびHDTV3値同期信号の両方に対応し、自動で切り替わります。また、外部同期信号が入力されない場合は、LINE入力信号に同期します。
LINE出力は、外部同期信号の位相に対して、±10Hの範囲で出力位相を設定することが可能です。

安全性・冗長性

レイアウト設定は、不揮発性メモリに保存されます。また、USBメモリーに記録し、読み出すことも可能です。
電源断時や外部リモート制御で、LINE入出力間を高周波リレーによりバイパスすることができます。
電源電圧、ファン回転、入力信号状態、CPU動作などを監視し、アラームとしてタリー出力や表示することができます。 筐体は、2重化電源に対応しています。

アプリケーションソフトウェア

WindowsPC上で動作する、レイアウト設定アプリケーションソフトウェアが付属します。
USBメモリに保存された静止画/音声データ(アサカ専用フォーマット)と、汎用フォーマット(静止画:bmp、音声:wav)の相互変換ソフトウェアが付属します。

オプション

ピクチャー・イン・ピクチャー(P in P)機能

PinP IN映像信号の一部分を切り出し、画面サイズを縮小してから、画面上にレイアウトすることができる、ピクチャー・イン・ピクチャー機能です。
切り出すサイズ・位置や、縮小率などは、「PRESET 1〜10」に連動して設定することが可能です。

ブロック図

ASW-310ブロック図

レイヤー構成とレイアウト機能

レイヤー構成

仕様

信号規格 HD-SDI SMPTE292M準拠 1125i/59.94Hz
SD-SDI SMPTE-259M準拠 525i/59.94Hz
信号入力 LINE IN 1系統 BNCコネクタ
BG IN 1系統 BNCコネクタ
FILL IN 1系統 BNCコネクタ
KEY IN 1系統 BNCコネクタ
AES IN 2系統 AES-3id BNCコネクタ
PinP IN 1系統 BNCコネクタ (オプション機能)
映像信号出力 LINE OUT 1系統2分配 (LINE IN=LINE OUT1間はバイパスが可能)
PREV OUT 1系統2分配
同期信号入力 REF.IN NTSC BB信号
HDTV 3値SYNC(HDTVモード時)
BB信号GENLOCK ARIB TR-B20準拠(HDTVモード時)
映像信号処理   LINE 10bit 4:2:2
LINE以外 8bit 4:2:2
音声信号処理  LINE HDTV 24bit 48KHz(映像同期モードのみ)
SDTV 20bit 48KHz(映像同期モードのみ)
AES IN 24bit 48KHzサンプル
出力信号位相可変範囲  H位相 ±0.5H(1ピクセルステップ)
V位相 ±10H(1Hステップ)
入出力間映像遅延 HD-SDI
SD-SDI
1フレーム
USBメモリフォーマット     フォーマット MS-DOS互換FAT型ディスクフォーマット
保存画像枚数 10枚
画像保存形式 アサカ専用フォーマット 4:2:2 8bit 非圧縮
音声保存秒数 30秒×10素材 ステレオ
音声保存形式 アサカ専用フォーマット 48KHzサンプル 16bit 非圧縮
制御I/F パラレル PIF 1系統 (アンフェノール 36pin)
シリアル SIF 1系統 RS-232CまたはRS-422
アラーム ALARM 1系統 (アンフェノール 14pin) 筐体電源/FANアラーム
使用条件 連続使用
設置環境 屋内
動作環境 周囲温度:5℃〜40℃
外形寸法(mm) 430(W) ×326(D) × 44(H)
重量 約5.5kg
電源電圧、周波数 AC100V±10%、50/60Hz単相
冗長電源 2重化構成、AC入力コンセント 2口
消費電力 50VA以下

外観

ASW-310前面図

 ▲前面

ASW-310背面図

 ▲背面

*デザイン・仕様は予告なく変更することがあります。記載の名称は各メーカーの商標または登録商標です。

 
株式会社アサカ|サイトマップ