株式会社アサカ

トップ会社案内> アサカのあゆみ

アサカのあゆみ

沿革/History

1971年(昭和46年)

日野市南平において資本金1億5千万円で、株式会社アサカを設立。

1972年(昭和47年)

ITVカメラの他、コンピュータ周辺機器(MT、MTSTREAMER、DISK DRIVE、TAPE READER)を開発・発売。
ポータブルTVカメラACC-5000が日中国交回復の宇宙中継で大活躍し、ポータブルTVカメラの時代を作る。

1973年(昭和48年)

資本金を2億円に増資。 量産機としては世界最小・最軽量のポータブルTVカメラACC-3000を開発・発売。

1974年(昭和49年)

1インチポータブル4ヘッドハイバンドVTR AVS-3200、据え置き型AVS-3300を発売。

1975年(昭和50年)

プリズム方式のポータブルTVカメラACC-1100を開発・発売。

1977年(昭和52年)

資本金を2億4千万円に増資。
1インチポータブル4ヘッドハイバンドVTR AVS-3200Bを量産発売。

1978年(昭和53年)

1インチ据え置き型4ヘッドハイバンドVTR AVS-3300Bを量産発売。

1979年(昭和54年)

ポータブルビデオスイッチャーASW-100/100Nを発売。
ポータブルビデオスイッチャーメーカーとしての地位を築く。

1981年(昭和56年)

磁気テープクリーナー・エバリュエーターADC-810を発売。

1983年(昭和58年)

放送用緊急警報信号発生器EA-100を発売。

1984年(昭和59年)

ビデオカートACL-6000を発売。

1986年(昭和61年)

放送規格の動画をデジタルでディスクにくり返し記録・再生・消去可能な光磁気ビデオディスクレコーダーADR-5000を世界で初めて実用化・発売。

   

1987年(昭和62年)

ビデオライブラリーシステムACL-3300Lを発売。
HD静止画ファイルシステムADS-6000を発売。

1988年(昭和63年)

資本金を4億8千万に増資。
光磁気ビデオディスクレコーダーADR-5500を発売。

1989年(平成元年)

光磁気ディスク静止画ファイル装置ADS-300を発売。
光磁気ディスクオーディオファイルシステムAAM-800を発売。

1990年(平成2年)

HDTV静止画ファイルシステムADS-7800を発売。
光磁気ディスクオーディオファイルシステムAAM-200を発売。

1991年(平成3年)

光磁気ディスク静止画ファイル装置ADS-120を発売。

1993年(平成5年)

ビデオカセット自動連続送出システムACL-400を発売。

1994年(平成6年)

光磁気ディスク静止画ファイル装置ADS-150を発売。
デジタルオーディオファイル装置AAM-400B/440Bを発売。

1997年(平成9年)

記録媒体にDVD-ROM/RAMを使用した「テラカート」AMシリーズを発売。
NTSC/HDTV両用の静止画ファイル装置AHS-200Mを発売。

1999年(平成11年)

ハイビジョン用静止画ファイル装置AHS-202Mを発売。

   

2000年(平成12年)

BSデジタル放送用アスペクト比変換装置AAR-100Dを発売。

2001年(平成13年)

L型レイアウト装置ALL-100を発売。
ネットワーク型SDTV静止画ファイル装置AVR-300を発売。

2002年(平成14年)

L型レイアウト装置ALL-200を発売。デジタル信号処理ユニットDU-100シリーズを発売。
大阪営業所開設

2003年(平成15年)

ネットワーク対応静止画・音声ファイル装置AVR-500を発売。
PDD(Professional Disc for Data)を搭載したブルー・ディスク・ライブラリ AM-230PD、AM-420PDを発売。
MAID(Massive Array of Inactive Disks)技術を用いたHDDライブラリ DMシリーズを発売。
字幕モニタ装置DU-130を発売

2005年(平成16年)

HD動画・静止画・音声ファイルAVR-700を発売。
HD/アナログ字幕変換装置DU-132発売。

2006年(平成18年)

Blu-ray ドライブを搭載したブルー・ディスク・ライブラリを発売。
HD動画・静止画・音声ファイルAVR-770を発売。
東京営業所開設

2007年(平成19年)

半導体HD動画・静止画・音声ファイルAVR-200A/210Aを発売。

2008年(平成20年)

半導体HD動画・静止画・音声ファイル(車載タイプ) AVR-260を発売。
HD/SD 静止画ファイル ASS-80H/Sシリーズを発売。
電源管理型ディスクシステム(Power Managed Disk System) PMDSを発売。

2009年(平成21年)

HD/SD L型レイアウト装置 ALL-80H/Sを発売。
HDステップバックレコーダ ASR-80/81Hを発売。
HD動画ファイル AHR-80Hを発売。
L字タイトラー ALL-810を発売。

2010年(平成22年)

4系統ループレコーダ ALR-80Hを発売。
メディアネットワークステーション ASW-400Hを発売。

2011年(平成23年)

JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008)を取得。

2012年(平成24年)

VAFサーバー、AVファイル AVR-800シリーズを発売。
カセットローダ ACL-10BCを発売。

2014年(平成26年)

L形レイアウト装置 ALL-300/ASW-310 を発売。
4K VANCインサータ/デコーダ DU-480 を発売。
カセットローダ ACL-10BCを発売。

2015年(平成27年)

株式会社シバソクの計測事業部門を承継。
SCTE-104インサータ/デコーダ DU-187/188 を発売。
HDMI 2.0 4K信号変換器 VB4000 を発売。
HDMI 4Kアップコンバータ VB45AX を発売。
ファイルベース変換装置 VCX3 を発売。

2016年(平成28年)

ID検知自動スーパー装置 AID-80 を発売。
4Kアップコン/ダウンコン DUXシリーズを発売。

2017年(平成29年)

デジタルビデオノイズメータ AVN-8000を発売。
12G-SDIに対応したDUXシリーズを発売。


  
株式会社アサカ|サイトマップ